本文へスキップ

住宅ローンが払えない方必見。自己破産しない返済方法を公開中です。

受付TEL. (092)292‐9812

無料相談受付時間(平日)09:00〜18:00

任意売却SALE

住宅ローンが払えない

金銭的な諸事情で延滞する恐れがあっても、「借金を重ねること」「返済から逃げ出すこと」は絶対にしないでください。

どちらを選択しても、前者はいずれ多重債務で行き詰まり、後者は不動産競売になるので、確実に今より状況は悪化します。

状況が悪化したあなたは、自己破産に追い込まれるかもしれません。

様々な制限を伴う自己破産は、住宅ローンが払えない方にとって最後の手段です。

その前にできる借金の整理方法をご紹介します。

その方法とは、お金を借りている金融機関へ返済条件の変更を申し入れること。

住宅ローンが払えないかもしれないと悩んでいるのなら、まずは「借り換え」や「リスケジュール」を金融機関へ申し入れましょう。

これらの方法であれば、ご自宅へお住まいになったままで返済を継続できます。

任意売却イメージ1

借り換え

「金利の見直しで返済金額が増えると払えない」

「変動金利の上昇で今後の生活に不安を感じる」

このような悩みを抱えているあなたには、住宅ローンの借り換えをご提案します。

借り換えを検討するのは、固定金利の住宅ローンへの変更です。

ご自宅の購入資金を固定金利へ借り換えると、月々の支払い金額は返済が終了するまで変わりません。

マイナスな面では、条件によって返済総額が今よりも増える可能性があります。

しかし、このままでは払えないかもしれないとお悩みなら、一度金融機関へ借り換えを申し入れてみてはいかがでしょうか。

メリット
最後まで一回あたりの返済金額が変わらない
デメリット
条件によって返済総額が今よりも増える可能性がある
任意売却イメージ2

リスケジュール

ここでのリスケジュールとは返済条件変更を指します。

例えば、

「当面の間利息の返済のみにして欲しい」

「ボーナス払い併用から月々の返済のみに変更したい」

といった条件変更、実は債権者に認めてもらえる可能性があります。

収入が減ってこのままでは延滞するかもしれない場合、速やかに債権者へリスケジュールを申し入れてください。

完済までの期間が延びて返済総額が増えるマイナス面はありますが、ご自宅へお住まいになったままで返済を続けられます。

メリット
ご自宅へお住まいになったままで返済を続けられる
デメリット
完済までの期間が延びて返済総額が増える

借り換えやリスケジュールは、継続して返済できる収入がなければ検討できません。

条件に該当しない場合は、任意売却の速やかなご検討をおススメします。

任意売却のススメ

任意売却のポイントを解説します。

任意売却って何?

金銭的な諸事情で今までどおりに住宅ローンが払えないとき、借金を一括返済するためにあなた自身の決断でご自宅を売る。

これが任意売却です。

ここで注意するのは、金融機関(債権者)でお金を借りて購入したご自宅には抵当権が設定されている点。

せっかく買主が見つかっても、ご自宅を引き渡すために必要な抵当権の抹消が、事後報告の場合に債権者の同意を得られない可能性も考えられます。

そこで、抵当権の抹消を確実に実行するため、返済条件変更に関する債権者の同意は、任意売却を始める前に得る必要があります。

抵当権とは?
債務不履行に陥った場合に備えて、債務者との合意によって不動産へ設定できる債権者の権利。

任意売却の手続き

任意売却は、債権者への申し入れから始めます。

債権者から返済条件(売り出し金額・返済金額・費用捻出する金額など)の同意を得られないと、不動産会社へご自宅の売り出しは依頼できません。

依頼する不動産会社は、債権者(金融機関)から紹介される場合もあります。

債権者の同意を得られてからは、通常の不動産取り引きとなります。

任意売却のながれ
  1. 債権者への申し入れから始める
  2. 債権者から返済条件変更の同意を得る
  3. 不動産会社へ依頼して買主を見つける
  4. 買主と不動産売買契約書を取り交わす
  5. 売買代金の受け取りと買主への所有権移転登記を実行する
  6. 受け取った売買代金から債権者へ返済する
  7. 買主へ明け渡すためにご自宅から引っ越しする

任意売却のながれを簡単に説明するとこのようになります。

次に買主を見つける方法のご紹介です。

不動産会社の判断で購入を決定する買い取りは、売主にとって仲介よりも早く買主が見つかるけど売れる金額は安くなる。

買主を見つける方法には、「買い取り」と「仲介」の二つがあります。

買い取りの場合は、不動産会社の判断で購入を決定するので、仲介で広範囲に探すよりも買主が早く見つかります。

しかし、買い取った不動産を売って利益を出す必要があるので、不動産会社の買い取り金額はどうしても仲介で売るより安くなります。

買い取り
不動産会社が買主として購入する
仲介
不動産会社が買主を見つけてくる

任意売却の費用

ご自宅を任意売却するときにお支払いの費用は、通常の不動産取り引きでかかる手数料や税金などのご負担をお願いします。

任意売却について解説するサイトが数多くある中で、無条件に費用が無料であるような宣伝をしている不動産会社や支援団体があります。

騙されないでください。これは嘘です。

任意売却でかかる費用は事前に債権者の同意を得られると、売買代金から差し引けるのであなたの金銭的な負担が軽くなる。

これが正確な情報です。

もちろん、債権者への申し入れや不動産会社への相談は無料です。

なので、任意売却は無料相談で始められます。お任せください。

費用の早見表
売買契約書を交わすとき(契約) 仲介手数料 *
印紙税など
売買代金を受け取るとき(決済) 仲介手数料 *
抵当権の抹消登記費用など
ご自宅を明け渡すとき(引っ越し) 住まいを借りる入居費用
転居先への引っ越し代など

* 仲介手数料は、契約時と決済時に半分ずつのお支払いが一般的です。しかし決済時に全額を支払うことも可能です。

「不動産の税金」ページでは、取り引き別に税金の種類を解説しています。

「仲介手数料」ページでは、計算方法と計算例を解説しています。

どちらも、必要なときのご参考にしてください。

不動産競売

債務不履行の債権を回収するため抵当権を行使した債権者は、裁判所が不動産を換金する中から優先して弁済を受けられる。

これが不動産競売です。

延滞を督促されても債務不履行(住宅ローンが払えない)が続くようなら、最終的に債権者から裁判所へ申し立てられます。

債権者が金融機関から保証協会や債権回収会社へ変わっても、債務不履行の債権を回収するため必ず抵当権は行使されます。

いつ
債務不履行の債権が3ヶ月から6ヶ月分溜ると
誰が
債権者が
なぜ
債務者から未回収の債権を回収するために
何を
不動産に設定した抵当権の行使を
どこで
裁判所へ申し立て
どのようにして
裁判所が強制的に換金する中から優先して弁済を受ける

不動産競売の流れを簡単に説明するとこのようになります。

減少した収入がこれから先も増える見込みのないときは、生活するために月々の返済をあきらめる勇気も必要です。

手遅れになる前の速やかなご決断をおススメします。

無料相談でお会いしましょう。


バナースペース

大拓興産株式会社

〒812-0037
福岡市博多区御供所町13番12号
ウエストウッド祇園2F

地下鉄空港線「祇園駅」徒歩3分

TEL (092)292‐9812
FAX (092)292‐9813

営業時間 9:00〜18:00

定休日 土曜日・日曜日・祝日