本文へスキップ

住宅ローンが払えないとき、すぐに実行できる対処方法を紹介します。

TEL. (092)292‐9812

営業時間 9:00 〜 18:00

任意売却SELL

あなたの悩みがすぐに解決する。金銭的な事情で住宅ローンが払えないなら、借入金の残高を一括返済できる任意売却です。

住宅ローンが払えない

住宅ローンが払えない金銭的な事情は人それぞれ。

今このホームページを見ているのは、高い金利や収入の減少など何らかの金銭的な事情で、住宅ローンが払えないと悩んでいる方だと思います。

そして誰にも言えないその悩みを一人で抱えて、苦しい思いをしているのではないでしょうか?

安心してください。

住宅ローンが払えないので、返済を延滞したとしても、すぐに家から追い出される訳ではありません。

競売になるのは何ヶ月も経ってからなので、その間に家を売って一括返済することも可能です。

また、家を売ること検討する前に別の解決方法を選択できる可能性もあります。

その方法とは、以下のとおり。

任意売却イメージ

「借り換え」

返済額があと1万円少なければ生活が楽なのに...

利息の負担が家計を圧迫しているあなたは、低金利の住宅ローンへ借り換えを検討してみませんか?

月々の返済額を今よりも減らせるかもしれません。

「リスケジュール」

残業代やボーナスが減って住宅ローンが払えない...

収入の減少によって、今までどおりに払えないかもしれないあなたは、金融機関へ住宅ローンの返済期間を延長するリスケジュールを相談してください。

返済する総額は増えても、継続できるかもしれません。

しかし、どうしても継続して払えない場合には、速やかに任意売却を検討することをおススメします。

  • リストラや廃業など失業して収入が途絶えた場合
  • 返済を継続中に転職や定年退職で収入が大幅に減少した場合
  • 借り換えやリスケジュールを検討したが条件に該当しなかった場合など

任意売却とは?

任意売却とは、

金銭的な事情で住宅ローンが払えないとき、借入金の残高を一括返済する手段として家を売ることです。

任意売却を取り扱う不動産会社と一緒に手続きを進めて行くので、何かわからないことがあった場合、すぐに無料で相談できる安心感があります。

任意売却イメージ

「任意売却の手続き」

あなたから借入先の金融機関へ申し入れます。

延滞しても、勝手に手続きを開始しないでください。

返済期限、売り出し価格、売買代金の中から返済する金額や費用に充てる金額などの承諾を得るまでは開始できません。

売買契約締結後の事後報告は厳禁です。

大切なのでもう一度確認します。

債権者の承諾が得られてから開始できることを忘れないようにしましょう。

「任意売却の費用」

よくある勘違いですが、費用は無料ではありません。

任意売却を申し入れるときに費用の捻出を交渉すると、借入先の金融機関から承諾を得られた金額が売買代金から差し引けるだけです。

それでも、あなたの負担は軽くなります。

費用の種類は、以下のとおり。

家を売ったとき
売買契約書に貼る印紙代・不動産会社の仲介手数料など
お金を返済するとき
抵当権を抹消する登記費用・登記手続きを代行する司法書士報酬など
引っ越しするとき
転居先の入居費用・引っ越し業者の運送代・不用品の処分費用など

「不動産競売」

金融機関から承諾を得た期限までに家を売って借入金の残高を一括返済できれば、あなたは不動産競売を申立てられる不安から解放されます。

不動産競売とは、債権者の申立てに基づいて裁判所が強制的な手続きで、土地や建物を競争入札によって換金する手続きのことです。

住宅ローンが払えないからといって督促されても延滞したままのあなたは、債権者から分割払いを中止する通知が届いて、期日までに借入金の残高が一括返済できなければ、最後は裁判所へ不動産競売を申立てられます。

  • 任意売却について解説した近日公開予定のブログを準備しています。(外部リンク)

バナースペース

大拓興産株式会社

〒812-0037
福岡市博多区御供所町13晩12号
ウエストウッド祇園2F

地下鉄空港線「祇園駅」徒歩3分

TEL (092)292‐9812
FAX (092)292‐9813

営業時間 9:00 〜 18:00

定休日 土曜日・日曜日・祝日